HOME > 共同募金について > 共同募金運動ってなに > 共同募金運動とは

共同募金運動とは

 共同募金は、1947年(昭和22年)に始められ、民間によって運営される施設や社会福祉団体で行う事業に必要な資金を集める募金です。温かい「たすけあい」のこころが、この募金を支え、民間の福祉活動を推進させます。

 共同募金が他の募金と異なる点は、施設や民間社会福祉団体のための資金を計画的に一元化し、寄付金を募集、管理、配分し、総合的な調整をはかっていくことにあります。

 共同募金の運動期間は、毎年厚生労働大臣の告示により、10月1日からと定められています。

厚生労働大臣告示

 共同募金には、大きく分けると「一般募金」と「歳末たすけあい募金」があります。

 地域で行われる歳末たすけあい運動による寄付金や、NHKがテレビやラジオを通してよびかけるNHK歳末たすけあい運動による寄付金も共同募金の一環です。